なぜ乳酸菌で痔の発症率が低くなるか

MENU

なぜ乳酸菌で痔の発症率が低くなるか

お腹の中の環境は、意外な箇所に対して悪影響を及ぼしてしまう事があります。もちろんお腹の中自体にも深刻な影響があるのですが、意外にもお尻に対して影響が及ぶことがあるのです。その1つがイボ痔なのですね。そして、それは乳酸菌と大きな関係があります。

 

腸内環境により痔になってしまう

 

そもそも痔ができてしまう原因の1つは、便と言われています。その便が正常な状態ならば痔ができる確率は比較的低いのですが、人によっては便通があまり良くない事があるのです。
特に注意を要するのは、便秘な方々ですね。最近お通じな頑固な方もいらっしゃると思いますが、そのような方々はいぼ痔などになりやすいと言われています。

 

ちょっとあまり上品な話ではありませんが、便秘の状態になっている時の便はちょっと固めなのですね。それが肛門などに負担をかけてしまって、痔になってしまう事例は案外多いと言われています。切れ痔などは、肛門がちょっと切れてしまっている症状ですね。硬い便が肛門の粘膜を傷付ければ、やはり切れ痔になってしまうでしょう。

 

それと気張りなども同様です。私たちが便を促す時には、お腹の中に力を入れて気張ることが多いでしょう。
ところがあの気張りは、実は肛門にはあまり良くないのですね。無闇に力を入れてしまいますと、いぼ痔になってしまう事があります。

 

乳酸菌で体質改善!免疫アップでインフルエンザ知らず

 

乳酸菌で痔になる確率が減少

 

このようにお腹の中の環境が悪くなっていれば、総じて痔になってしまう事が多い訳ですが、逆にその環境が良くなっていれば問題無い訳ですね。どうすればその環境を良くする事ができるかとをしますと、それが前述の乳酸菌なのです。
乳酸菌の製品のほとんどは、いわゆる善玉菌に関係しています。お腹の中には悪玉菌と善玉菌の2種類が生息しているのですが、そのバランスがあまり良くないと、便秘などになってしまう訳ですね。ところが乳酸菌に関連する製品のほとんどは、そのバランスを上手く調整する働きがあるので、便通などが良くなる事例も非常に多いのです。実際乳酸菌に関連する口コミなどを見てみると、その状況がよく分かると思います。人によっては余りにも便通が良くなったので、それが手放せなくなったという口コミを投稿している事もあるのです。

 

そして便通が良くなれば、もちろんいぼ痔や切れ痔などになる確率も減るでしょう。つまり普段から乳酸菌の製品を摂取するようを心がけていれば、良い意味での連鎖反応が発生して、痔になりづらくなると考えられるのですね。